CSR

 

「社会にとって有益な人材を育成し創出する」企業を目指して

 

CSR基本方針

グレースコミュニケーションのCSRの基本的な方針は、企業理念や基本的価値観を共通認識として、事業活動を通じることで「求職者さま」と「求人者さま」の間に立ち「雇用」を生み出し続けると同時に「雇用」と「採用」に費やす時間短縮を行い、成長や教育にあてる「時間(=LIFE)」も創出することであります。
雇用の拡大を通じて企業市民としての社会的責任を果たし、お客様はもちろん、従業員・就業スタッフ及びその家族、地域社会、株主など当社を取り巻くすべてのステークホルダーからご評価いただける企業を目指すことで、サスティナビリティ(持続可能性)と企業価値の向上を図ってまいります。
 

CSR活動のフィールド

グレースコミュニケーションは、「社会」「環境」「経済」などのフィールドに対し、企業理念と事業方針を基本に、多様なステークホルダーとの対話を通じて継続的に社会的責任を果たしてまいります。
 

すべてのステークホルダーとともに


 

CSR活動の取り組み

グレースコミュニケーション は、「社会にとって有益な人材を育成し創出する」の企業理念に基づき 、地域社会への貢献活動に積極的に取り組んでいます。「有益」とは利益追求のみならず、という従業員教育を継続的に行い、地域のゴミ拾い活動等に積極的に参加しています。  また、年齢 ・学歴・国籍 ・人種・障がいの有無にかかわらず、働きたい方 の登用を積極的に行い、ダイバーシティ、インクルージョン、イノベーションの 推進に取り組んでまいります。